30代アトピー肌でもコスメがしたい!コスメレビュー

ディセンシアのアヤナスを愛用しているアトピー肌の管理人です。ディセンシア化粧水のおすすめ使い方などをレビューします。

アプリコットオイルの効果。イボが取れる!?

最近、話題になってきているオイルマッサージ

また、マッサージだけでなくオイルを多目的に使う「オイル美容」は、美容効果がとても高いので、おしゃれを楽しむ女子の間でもはや定番になりつつありますね♪

 

オイルは化粧水の前のブースターや、クリームの後の保湿としても色々使えて便利で、お化粧水の浸透がよくなり、その後に使う美容液の浸透も格段によくなるので、美容効果がアップ


また保湿や保温の機能に優れているだけでなく、皮膚のバリアとしての働きもあるため、乾燥しやすい冬だけでなく、夏の間も毎日の美容ケアにオススメです。

(※紫外線防止効果についてはオイルの種類に注意!)

 

オイルマッサージで使うキャリアオイルはというと、とくにホホバオイル、オリーブオイル、スイートアーモンドオイルなどはよく使われていて有名ですが、 

意外と知られていない「杏仁オイル(アプリコットオイル)」
特に30代を過ぎた女性の間でじわじわと人気が出て来ているのをご存知ですか?

 

それもそのはず、杏仁オイル(アプリコットオイル)には、お肌を保湿するだけではなく、意外な効能があるんです。

 

杏仁オイル(アプリコットオイル)のイボ取り効果

杏仁オイル(アプリコットオイル)には30代を過ぎるころから出始める、ちょっと恥ずかしいイボをポロっと取るという効果があります。

 

イボは首や脇の下などの柔らかくてシワの出来やすい皮膚に出来やすく、30代、40代と年齢を重ねるごとにブツブツと出来るようになってくるのですが、私は目の周りにも出来た事があります。

首のイボ、顔のイボ・・・
恥ずかしいですよね・・・

イボがあると5歳も老け顔に見られてしまうというデータもあるので、

出来てしまったイボは即座に取り除きたい!!
ムキー!!
と思うのがオンナゴコロではないでしょうか?!

 

私も始めてイボに気づいたときショックを覚えました。
その時は皮膚科で「窒素」でポロっと取ってもらってスッキリしたのですが、数ヶ月するとまた同じような場所に出現するんです・・・

 

それからは、もはやイボが出来ては取り・・のイタチごっこ。
いちいち皮膚科になんて行ってられないので、とても困りました。。

そこで、家で出来るようなセルフケアでイボをケアしたい!!
美容効果もあって一石二鳥のようなコスメアイテム
はないものか?!
と探した結果、杏仁オイル(アプリコットオイル)にたどり着きました。

杏仁オイル(アプリコットオイル)はイボ以外にも割と万能で、使いやすいです。 

今回は、世間では意外と知られていない万能オイル「杏仁オイル」についてご紹介します。

 

★PR★
【顔や首のツブツブ・ポツポツをケア!】南フランス産の不思議な杏仁オイル

 

杏仁オイル(アプリコットオイル)とは?

スクリーンショット 2016-11-30 10.00.17.png

杏仁オイルは「アプリコットオイル」のことで、杏(あんず)の種から絞り出される、綺麗な黄金色の美容オイルです。

 

杏仁オイル(アプリコットオイル)の効能は、基本的には他の美容オイルと同じで、

●皮膚の保湿効果
●血行促進効果

ですが、アプリコットオイルにはこれに加えて、

●皮膚のターンオーバーを促す効果

が挙げられます。

 

前述の、「イボ取り効果」とは、このターンオーバーが促進されることで
「顔や首にできたブツブツしたイボがポロっと取れる」ことなのです。

でも、それだけじゃないんですよ〜。フフフフ。

杏仁オイル(アプリコットオイル)を使うことによってターンオーバーが促進されることで起きる「美容効果」はイボの解消だけではありません!!

せっかくなので、ターンオーバーについて詳しくまとめてみます。

 

ターンオーバーが滞るとどんなトラブルが起きる?

私も30代半ばにさしかかり、ターンオーバーが遅くなってきているよなぁ・・・
なんてぼんやり実感?している最中なのですが・・^^;

加齢や紫外線によるダメージによりお肌のターンオーバーが滞ると、どんなトラブルが現れるのでしょうか?

  

まず最初に挙げられるのはシミやくすみです。

まずターンオーバーが遅くなって古い角質が溜まるとくすみが出て来ます。
それが蓄積し、また紫外線のケアもしないとそれがシミとなって残るようになります。

シミ、くすみは加齢サイン(エイジングサイン)の代表格!といっても過言ではないほど、誰のお肌にも現れるトラブルですね。

 

次に挙げられるのは乾燥小じわ。私もコレに悩むようになりました。

30代の始めまでは良かったけど、産後の忙しさにかまけてお肌のお手入れを怠っていたせいか、乾燥小じわが見られるようになりました。

そもそも、昔のように鏡をじーっと見つめることなんて無くなってしまって、気づいた頃にはもう乾燥小じわができてました・・・

 

しかも、一番目立つ目元の涙袋に、ですよ・・・(T^T)

 

そんな乾燥小じわですが、最初はうっすら小さなものでも、ターンオーバーが滞っていつまでも古い角質が残っていると、新しい細胞が成長できないので、いつまでたっても溝は修復できず・・・

どんどん深くなってしまうからタチが悪い!!

その結果、最初は浅かった細胞間のヨレがどんどん深くなっていき、気づけばシワとして残ってしまうんですよね。

 

一度できてしまうと自力では修復不可能なエイジングサイン。

ターンオーバーの衰えと、お肌の乾燥。
乾燥小じわやシミ、くすみ、顔と首のザラつき、小さなイボ。

これらは一度できてしまうと厄介なもので、美容整形やレーザーでないと取れません。

また、冒頭でも私のケースをご紹介したように、イボが出来た箇所は、必然的にイボができやすい場所といえます

 

首のシワのよった場所とか、顔では、柔らかいまぶたの上とか。(←にっくき目元にイボ!!!)

しかも皮膚科などで出来たイボをレーザーなどで取っても、取れるのは皮膚の表面に出ているイボだけなんですって。

これを知ったときは、私もさすがにショックでした。

私が皮膚科で3時間も待って、2,000円もかけても取れるのはイボの先っぽだけで、「イボの土台」には全く効果がないなんて・・・(T□T)

 

そうなんです。
窒素の処置では、イボの予備軍である言うなれば「イボの土台」に手を加える事は不可能で、そのためまたしばらくすると同じ所に出来てしまうのだそうです。

そうなってしまうとわざわざ皮膚科での処置をやる意味がないですし、お金のムダにもなってしまいますね。

 

そうそう、レーザーといえば、私も以前、頬骨の上にできたシミを薄くしたくて美容レーザーをやったことがありますが、そのせいでアトピーのガサガサが発症してしまって・・・

シミどころではなくって、ガサガサを完治するのに3ヶ月もかかってしまって逆効果でした。

レーザーはきちんとした皮膚科で行ったのでお高かったです。3万円もしました。

でも、それが逆効果だったので、何のための3万円・・・。

期待していただけに、悔しかったーーーー!!
o(T^T)o ぐすん。

 

そんなわけで皮膚科へはもう頼りたくない!と思ってアプリコットオイル(杏仁オイル)を試してみたわけですが、軽くクルクルマッサージしてみた結果、このいまいましいツブイボを、安全に、そしてお肌への負担なく解消することができたわけです。

アプリコットオイルを使って乾燥肌を潤して栄養を補うことで、お肌の新陳代謝が活性化されて、ターンオーバーが促され、その結果、イボはポロっと取れてくれるというわけです。

しかも、「皮膚の内側にあるイボの土台ごと」!!

 

オイルなら毎日のフェイスケアに加えるだけで手間もかからず経済的にも負担が少ないですので、イボや乾燥、お肌のザラザラ、ぶつぶつで悩んでいる場合は特にオススメだといえます。

 

杏仁オイル美容を始めたい場合のおすすめは南フランス産の高品質アプリコットオイルを使用した、エコサート認定オーガニック【アプリアージュオイルS】なんですが、

このアプリアージュオイル、愛用者の年齢層はとても幅広いそうで、下は20代から上は60代にまで人気があるそうです。

 

メーカーの公式サイトによると19年間で160万本を売り上げていて、雑誌に多数紹介されている実力派です。

イボに効くと言われているヨクイニン(ハトムギ)も配合されていて、ターンオーバーを活性化してくれます。(シミ、くすみ、しわを自力で解消できる)

 

今、実際に首や顔のイボが出来てしまって気になる方は、一度公式サイトで詳しく見てみてるといいですよ!

やはり他の治療法では、レーザーは1回の照射が2〜3万円と高いし、お肌のダメージも相当なものです。生理前や敏感になっている時には避けたいですし、私は、照射後のUVケア、保湿ケアもとっても大変だったから、おすすめできません。

また、皮膚科で取る方法はイボ1個が大体1,500円〜2,000円位ですが、皮膚の内側にある「イボの土台」が取れないので、一度イボを取ってもまた出て来てしまうイタチごっこです。
そうするとイボが出来る度に皮膚科に通わないといけませんし、イボが数か所ある場合は1回取るだけでかなりお金がかかってしまいます・・(>_<)

また、加齢とともにイボの土台も出来やすくなります。

杏仁オイルを使っていると、イボの土台ごと取れるし、しかもイボだけでなくエイジングケアも同時にでき、1本に40mlも入って7,000円ちょっととかなりお買い得です。

似たような美容オイルではアルガンオイル、ホホバオイルがありますが、同等の品質を求めると価格は同等かそれ以上になりますので、杏仁オイルの方がお得な場合もあるかもしれませんね。

 

実は、アプリアージュオイルSは化粧水とのセットでも1万円もしないのでこっちがおすすめですが、ここではお伝えしきれないほど、オイルだけでなく化粧水にも、品質へのこだわりが感じられ、とても好感のもてるメーカーさんです。

詳細は公式サイトをどうぞ。

顔や首のツブツブ・ポツポツをケアして【なめらかつるつる肌】に! 南仏産杏仁オイル