30代アトピー肌でもコスメがしたい!コスメレビュー

ディセンシアのアヤナスを愛用しているアトピー肌の管理人です。ディセンシア化粧水のおすすめ使い方などをレビューします。

ディセンシアのアヤナスとつつむはアトピー肌にも使える?

f:id:tommyyoshi-biz:20170602133345j:plain

アヤナスは敏感肌専用の低刺激処方

私はひどいアトピー肌だったことがあります。

じゅくじゅくと強い炎症が全身に広がり、また冬には体じゅうがガサガサと皮めくれを繰り返しました。
今では一番酷い状態は脱したものの、やはり一年中、乾燥と敏感肌には悩まされています。
とくに、冬の乾燥や季節の変わり目にはゆらぎ肌に傾きやすかったです。
 
なんですけど、、、
アヤナスを使い始めてから、冬の乾燥やゆらぎも気にならなくなりました。
 
だから・・・顔だけはツヤツヤ!!
 
(=▽=)b  どーん!
 
アトピー肌にはアヤナスとつつむ、どちらがおすすめかまとめてみます♪
アヤナスとつつむならどっちが良いのかな〜??と悩んでいるならちょっと読んでってくださいね♪
 

 はじめに:私はアヤナス派です。

はい、私もアヤナス派です。
q(@▽@;;;)
 
アヤナス派な理由は、保湿力はどちらも似たようなものなのですが、クリームと美容液の美容効果からして、アヤナスがナンバーワンです
 
ダントツナンバーワン。
 
とにかく私は生理前にも荒れやすかったのですが、使用してすぐにその効果を感じることができました
 
私に起きた嬉しい変化は数えきれないのですが、強いて挙げるならば
 
1) 朝、起きたときにいつも感じていたつっぱり感がなくなったこと
2) 日中、ファンデーションが崩れにくくなったこと
3) 特に敏感で、いつも赤みとカサカサがあった目元にハリと潤いが出てきたこと
 
この3つですね。
潤いで満たされているからか、顔だけは3年間アトピーの悪化と縁がありません。
 
だから・・・顔だけはいつもツヤツヤ。
 
あ、ただ一度だけ、去年、3月の花粉症シーズンに目が痒くなり目が少し赤く腫れた時があったのですが、お化粧水がピリピリしなかったのでケアを続けられたことで回復が早かったと思います。
 
ディセンシアのキャッチコピーが 「敏感肌でも、もっと美しくなれる」 なのは、敏感肌専用の基礎化粧品であるからこそ言えることなのでしょうね。^^
 

おすすめできます。敏感肌こそ使いたい美容ケア

アトピー肌やお肌が荒れている状態のときは、化粧品やスキンケア選びにも悩んでしまいます。
アトピー肌はかなり乾燥しやすく、寒くて乾燥する季節になってくると、肌が赤らんだり、痒みが起きることもあります。もっとひどい場合は肌が切れてしまったりしてスキンケア・洗顔時に痛みが走ることも。
 
化粧水を付けたときのピリピリ、すごく嫌なんですよね。(>_<;
 
深呼吸して、エイっ!!とつける・・みたいな・・地獄(-"-)
 
だから、せっかく保湿をしたいと思っても、普通の保湿系化粧品じゃダメなんですよね。
アルコールが多めに入っていたり、不要な成分が入っていたり香料や着色料も刺激になりやすいから。。(>_<,,,
 
一方、ディセンシアのアイテムは刺激性のある成分を使っていません。
実際、私も荒れて赤みが出てしまったり、ちょっとした炎症がある時でも使い続けることができています
 
個人差はあるとは思いますが、私のようにアトピー肌や、乾燥肌、敏感肌の人が使ってもストレスにならないことがすごく良いです。
 
恐怖なんですよね・・・水に触れることさえも。
 
最近、保湿保湿とTVや雑誌でも盛んに言われるようになってきましたし、アトピーだとバリア機能、バリア機能とよく耳にするので「耳にタコ」だとは思いますが、本当にバリア機能って大事なんだな〜って思います。
 
日頃から敏感肌専用のお化粧水を使うことによってうるおいとバリアを保持でき、そのバリア効果により、肌の揺らぎ自体を防ぐことができるんですよね。
 
ただ、お肌の敏感さの度合いには個人差はありますし、どうしてもお化粧水を付けるのが心配という場合は、「アヤナス」よりももっと刺激の少ない、「つつむ」というシリーズを試してみることをオススメします。
 
↓この記事では「つつむ」シリーズについてまとめています。
お肌が「とても敏感」になっている時って何も付けたくないですよね。。
でも、だからといって、「脱保湿」は危険ですよ!!
きちんと潤いで満たし、お肌の細胞に栄養を届けてあげてくださいね(>_<,,,

skin-relief.hatenablog.com